コロナ禍の中、不安や抑圧感になっている人は少なくないようですね。

こんにちは。解伝師として活動している慈親です。

言霊の力

神代の時代より言霊には力が宿ると信じられてきました。

言葉をどのように使うかで人生が大きく変わると言っても過言ではありません。

言霊の力と言っても目に見えるものではありません。

しかし、言葉を使った実験で、「YES」というと手に力が入り「No」と言っていると、力が入らないなど、身体の動きで、言葉の力を感じることはできます。

言葉は使い方次第で人生に大きく影響を及ぼすことは、間違いありません。

不平不満

良い言葉と反対に不平不満はどうでしょうか?

誰々が悪い。政府が悪い。社会が悪い。

うまくいかない責任を周りのせいにして不平不満や愚痴を言ってる人が居るとします。

あなたは、そういう人と一緒に居たいですか?

少なくとも幸せに生きてる人は、そういう人とは一緒に居たいとは思いません。

飲み会の席で、OLさんをやってる方とご一緒することがあります。

耳にするのは、僕らと呑んでるのは楽しいと言わてます。

「会社の飲み会は楽しくないの?」と聞くと、「会社の飲み会では不平不満愚痴が多くて面白くない」という返事が返ってきます。

このように、不平不満愚痴は人が離れる元にもなります。

想念は相手に届く

昔からわら人形に釘を刺して呪うみたいなことって聞いたことありますよね?

これ、、実際に相手に影響があります。わら人形じゃなくても、よく生き霊がついてるという事も聞いたことがあると思います。

このように、人の想念は形となって相手に飛びます。

ですが悪の想念は、10倍になって返ってくると言われています。

感謝は光

悪の想念が10倍になって返ってくるのと同じように、感謝も想念は、神様の光となって10倍になって返ってくるのもまた真理です。

「ありがとう」と言えばいうほど、「光となり相手を幸せにします。

相手を幸せにしたご褒美に神様からも光を頂けます。

感謝のサイクルがどんどん循環し、感謝の世界になります。

真善美

神様は真善美の世界を創造する。ということを目的とされています。

ですが、身体がないので神様だけでは実現できません。

そこで人間を必要とされたのです。

私たちが少しでも真善美の社会を創造しようと働くと、神様はお喜びになられます。

感謝の言葉をどんどん使って、真善美の社会を作り、神様からのご褒美を受け取りましょう!

これが幸せになる最大のコツでもあります。

一霊四魂のお話会

コメントを残す